【保存版】出会い系アフィリエイトの始め方・稼ぎ方

悩む人
出会い系アフィリエイトは稼げるって聞くけど、どんな仕組み?
具体的にはどうやればいいの?
調べたけど内容が抽象的でよくわからない・・・

 

「アフィリエイト 稼ぎ方」などで検索すると、初心者向けとして紹介されることが多い「出会い系アフィリエイト」

 

他のアフィリエイトのように商品を売るわけではないので、読者へのアプローチ方法が特殊です。

そのためブログ初心者だけではなく、アフィリエイト経験者でもやり方が全くイメージできない、という人も多いことでしょう。

 

その一方で、アフィリエイトのジャンルとしてはニッチなので、調べても詳しいやり方がほとんど出回っていないのが現状

見つけたとしても有料商材だったり、内容が薄い・わかりにくいサイトなどうんざりしている人も多いはずです。

 

私自信、別のブログで出会い系アフィリエイトを使って稼いでいますが、ブログ開設当初はノウハウがなく手探りで運営していたので、大変さはよくわかります。

 

そこで、本記事ではこのような悩みを解決できるように、出会い系アフィリエイトで実際に収益を出している私が下記につい解説していきます。

 

  • 出会い系アフィリエイトの仕組み
  • 出会い系アフィリエイトが稼げる理由6つ
  • 出会い系アフィリエイトの始め方5ステップ
  • 出会い系アフィリエイトの記事の書き方・コツ
  • 男女別アプローチ方法

 

本記事を読み終えると、下記のことが理解できるような構成になっています。

 

 出会い系アフィリエイトの始め方がわかる!
出会い系アフィリエイトで稼ぐまでの具体的な手順がわかる!
具体的な記事の書き方がわかる!
ただし、情報量が多くなるので、1回読んだだけで内容を全て理解することはできないはずです。
なので本記事をブックマークして、適宜読み直しながら、一緒に作業を進めていきましょう。
出会い系アフィリエイトは「下品・低俗なもの」が苦手な方はおすすめできません。

出会い系は18歳以上の大人向け恋愛ジャンルです。
大人の恋愛を絡める以上、アダルト要素は避けて通れません。

そして、私の経験上読者を出会い系アフィリエイトに訴求させるには、生々しい記事が最も効果的です。
この理由は、読者の性欲が高まり正常な判断ができなくなるからです。そのためアダルト要素を含むブログ運営に抵抗があるなら、やめたほうが良いでしょう。また、出会い系アフィリエイトを行うためには、実際に出会い系サイトへの登録が必要になります。

リアルな体験談を集めるためにも、実際に利用する場面もあるでしょう。これらについても抵抗があるなら、出会い系アフィリエイトはオススメしません。
目次

この記事の目次

出会い系アフィリエイトの仕組み

マッチングアプリ

ブログを訪れた読者が、あなたの紹介リンク経由で出会い系に登録することで報酬が発生

 

商品を買ってもらうのではなく、サービスに登録することで報酬が発生するタイプのアフィリエイトです。

出会い系サイトはユーザーが居ないとサービスが成り立たないため、紹介してくれたあなたにお礼としてお金を支払うというイメージですね。

 

サービス登録タイプのアフィリエイトなので、「安い」「お得」といった物の価値をアピールするのは有効ではありません。

 

「登録すると〇〇な体験ができる」といった、幸せな未来(ベネフィット)を想像させることが重要になります。

 

このように、出会い系アフィリエイトは読者があなたの紹介コード経由で出会い系への登録することで報酬が発生する仕組みです。

 

出会い系アフィリエイトが稼げる理由7つ

 

お金イメージ

 

出会い系アフィリエイトが稼げる理由は以下6つの通りです。

 

  1. 登録無料なので読者のハードルが低い
  2. 全承認があり報酬が発生しやすい
  3. 流行り廃りが無い
  4. 経験・性癖が武器になる
  5. 企業サイトが参入してこない
  6. 報酬単価が高い
  7. 出会い系に登録を促しやすい

 

それぞれ詳しく解説していきます。

 

①登録無料なので読者のハードルが低い

 

アフィリエイト報酬が発生するには、ユーザー何かしらの行動をしてもらう必要があります。

商品の購入、サービス登録などですね。

 

通常であればユーザーにお金を払ってもらう必要があるので、そのハードルを越えてもらうために手を尽くす必要があります。

「今なら〇〇%オフ」「これを買うと〇〇といった効果が実感できます」等ですね。

 

しかし、出会い系は登録が無料です。

ユーザーがお金を払わなくていいので、「無料ならやってみるか」と心理的なハードルが一気に低くなります。

 

また、退会によるペナルティも発生しません。

 

そのため、ユーザーには

「無料で登録できます。退会のペナルティも無いので、試しに始めてみてはいかがでしょうか?」

といったアプローチをすることができます。

 

②全承認があり報酬が発生しやすい

 

後で詳しく解説しますが、全承認がある出会い系を紹介すると、ユーザーが登録した時点で報酬が発生します。

 

基本的に出会い系アフィリエイトで報酬が発生するためには、以下の条件を満たす必要があります。

 

  1. ユーザー登録
  2. 年齢確認(身分証明書)
  3. 実際にメールのやり取りや、ポイントを買うなどアクティブユーザーである

 

つまり、登録したけどそのまま退会してしまったり、放置してしまうと報酬が取り消されてしまいます。

 

これを回避できるのが、全承認の出会い系。

ユーザーが登録した時点で報酬が確定するので、ザクザク稼げます。

 

③流行り廃りが無い

 

アフィリエイトはジャンルによって流行り廃りが激しいです。

 

例えばガジェット系であれば、日々新製品が出てアップグレードされるので常に更新が必要になります。

また、Google検索エンジンのバージョンアップで頻繁に順位が入れ替わることも。

 

しかし、恋愛は全人類普遍のジャンル。

近年は「若者の恋愛離れ」といわれてますが、人間の本能的な部分なので今も昔も本質的に大差はありません。

世の中から性別という概念が消えない限り、恋愛テーマは無くなりません。

 

つまり、時代が変わっても人間が相手を求める欲求がある以上、廃らないジャンルということです。

 

そのため、サイト・記事を作成してしまえば、常に流行を追わずともある程度放置しても稼ぎ続けることが可能になります。

 

④経験・性癖が武器になる

 

出会い系アフィリエイトの強みは、特別な知識が無くても書けて、あなたの経験をそのまま記事にできるという所です。

 

出会い系アフィリエイトで書く記事の多くは「体験談記事」

あなたの主観で、経験したことをそのまま書けば、それでOKということです。

専門知識は不要ですし、人と人との出会いなので正解がありません。

あなたからしたら「この体験談のどこに需要があるんだ」と思っていても、世の中にはそれを求めている人が必ずいます。

 

そういった人があなたの記事を見て心を動かされると「自分もこんな体験をしたい!」となり、出会い系へ誘導することができるでしょう。

 

なお、経験豊富じゃなくても問題ありません。

彼女いない歴=年齢の童貞、風俗通いがやめられない素人童貞でも、同じ目線の人は世の中にごまんといます。

すると、そういった立場の人の心にはあなたの言葉が刺さるので、それはそれで出会い系への誘導ができるでしょう。

 

また、人には言えない変わった性癖がある人はかなり強いです。

同じような性癖の人は、自分の欲望を満たせるような動画・体験談を常に探し求めています。

 

そんな時、あなたの体験談記事を見つけたら、砂漠のオアシスを見つけたような感覚になるはず。

そして、記事の最後に「こんな体験をしたいなら、コチラ(出会い系URL)で相手を探してみましょう」と書いていると、興奮した流れのまま登録してしまうはず。

 

このように、専門的な知識が無くても記事を書くことができて、あなたの経験全てがネタになるのが出会い系アフィリエイトが稼ぎやすいといわれる理由の1つです。

 

⑤企業サイトが参入してこない

 

ここであなたに質問です。

 

組織的に毎月数十、百数記事をアップしていたり、SEO・WEBコンサルタント、マーケターが専門知識を活かして運営している企業サイトに、あなた個人が運営しているブログが勝てると思いますか?

 

答えは『NO』でしょう。

 

企業サイトと個人ブログでは、Webサイトへの投資額と人的資源が桁違いなので、勝てるはずがありません。

 

しかし、出会い系アフィリエイトとなれば話は別。

 

市場としては大きいにも関わらず、企業サイトは参入してきません。

なぜなら、「出会い系サイトは」はメディアの露出も増えて普及しているものの、世間のイメージが良くないから。

 

つまり、会社のマイナスイメージにつながるため、参入できないということです。

考えてみるとわかりますが、企業が「エロい体験談が中心のサイトを作って、読者を出会い系に流そう!」とはなりませんよね。

 

そのため、あなたの個人ブログでも上位表示しやすく、稼ぎやすいといえるでしょう。

 

⑥報酬単価が高い

 

出会い系アフィリエイトの単価は2,000~5,000円と高いのが特徴。

 

これは、他のアフィリエイトと比較すると破格の報酬です。

他のアフィリエイトでは、数千円・数万円の物を買ってもらうことで発生する報酬と同等ですからね。

 

出会い系アフィリエイトではその金額を無料登録だけで達成できてしまいます。

 

しかも、無料登録なので読者の登録ハードルも低く、10クリック中1件は報酬が発生します。

 

そのため、あなたのブログに登録者が増えれば増えるほど報酬も右肩上がりになり、アフィリエイト初心者からでもガンガン稼げます。

 

⑦出会い系に登録を促しやすい

 

通常のアフィリエイトでは、

「集客記事」→「キラーページ」→「広告元」

と読者を誘導し、広告元ページで「商品を買う」「サービスに申し込む」といった行動をしてもらと、収益が発生します。

 

しかし、この手順の場合、セールスライティングが上手くないと広告元ページまで読者を誘導できず収益が発生しにくいです。

また、広告元ページの構成がダメだと、読者を誘導できても収益に繋がりません。

 

一方、出会い系アフィリエイトはどの記事からでも直接広告元(出会い系サイト)に読者を誘導しやすいです。

しかも、広告元のページがわかりやすく、読者も迷わず登録できるので、誘導後も収益が発生しやすいといえます。

 

例えば、下記のような流れで誘導できます。

 

【例:コミュ障 恋愛】

 

「コミュ障が悩み。異性と上手く話せず恋愛関係まで進めない」という人ですね。

悩みに共感しつつ、解決方法を説明して記事を作成します。

最後の部分で、「異性とたくさん話して、異性に慣れましょう」→「出会い系なら色んな人と関わることができる」と誘導。

 

【例:ハゲ(チビ・デブ) モテたい】

 

「ハゲ(チビ・デブ)だけどモテるには、どうすればいい?」という人ですね。

コンプレックスに共感しつつ、対処法を解説していきます。

最後の部分で、「世の中にはハゲ(チビ・デブ)が好きという人もいます」→「出会い系にはハゲ好きを公言している人もいるので、そこで相手を探してみては?」と誘導。

 

記事内容から連想していくことで、出会い系への登録を促しやすくなります。

 

特に、ハゲ・チビ・デブなどコンプレックスを抱えている人には効果的な訴求方法

 

このように、ほとんどの記事で出会い系への登録を促せることから、読者の目に触れる機会も多くなります。

そのため、出会い系アフィリエイトは稼げるといわれています。

 

出会い系アフィリエイトのデメリット2選

 

デメリット

 

続いて、出会い系アフィリエイトをやるうえでのデメリットを以下の通り2つご紹介します。

 

  1. 周りに話しにくい
  2. ふと我に返ると羞恥心がヤバい

 

私にとってはデメリットに感じる部分ですが、人によってはデメリットにならない部分なので、参考までにどうぞ。

 

①周りに話しにくい

 

ブログで稼いでいることを、友人・家族に暴露するなら「なんのブログなの?」と聞かれること間違いありません。

 

そういった時「出会い系体験談とかノウハウ書いて、それで金稼いでるよ!」とは言いにくいですよね。

 

また、ブロガー仲間とつながる時の名刺代わりとして、サイトを教える時も気が引けます。

このように、出会い系アフィリエイトでブログを運営するなら、周りに話しにくいというデメリットがあることは覚えておきましょう。

 

ちなみに、知り合いのパパブロガーは出会い系ジャンルでブログを書いていますが、嫁に見られないように必死でした(笑)

もちろん、ブログを書いていることを誰にも言わず、一人で黙々と作業するなら何の問題もありません。

 

②ふと我に返ると羞恥心がヤバい

 

出会い系アフィリエイトの記事は、恋愛ノウハウ・体験談が中心です。

恋愛ノウハウであれば、人に教えるように意識しながら淡々と書けますが、問題は体験談記事。

 

読者の性欲を刺激するためには、リアルで生々しい体験談が必要になります。

日記のように、「出会い系で20歳の女と会った。エッチをした。気持ちよかった」という内容では読者は出会い系に登録してくれません。

 

読者が記事を読むことで、場面をイメージできるような表現が必要です。

 

しかし、記事を書き上げて投稿する前に誤字脱字チェックを行いますが、めっちゃ恥ずかしいです。

感情がこもって筆がノると「これ自分が書いたの?」というような文章が出来上がるんですよね。

 

書き慣れるとそういった感情は薄れてきますが、過去作を読むとやはり羞恥心がこみ上げてきます。

 

このように、アダルト要素を含む関係上、少なからず羞恥心が湧いてくるということは覚えておいてくださいね。

 

出会い系アフィリエイトの始め方5ステップ

 

ステップアップ

 

ここまで、出会い系アフィリエイトが稼げる理由とデメリットがわかったところで、実際に始める方法を解説していきます。

 

まとめるために5ステップとしていますが、1つ1つが長いので、休憩しながら進めていきましょう。

 

ステップ1:出会い系に登録する
ステップ2:紹介コードをゲットする
ステップ3:ブログを開設する
ステップ4:記事を書き紹介コードを貼りつける
ステップ5:実際に出会い系を使ってリアルな体験談を書く

 

上記の流れで順番に進めていきましょう。

 

ステップ1:出会い系に登録する

 

出会い系アフィリエイトを始める最初の一歩として、あなた自身が出会い系に登録しましょう。

 

理由は次の通り。

 

  1. 出会い系アフィリエイトには紹介コードが必要
  2. 実際に使うことで体験談がリアルになるから

 

①について、出会い系アフィリエイトは読者があなたの紹介コード経由で出会い系に登録すると、報酬が発生するというものです。

そのためには出会い系に登録して、マイページで紹介コードを取得する必要があります。

 

②について、出会い系アフィリエイトで訴求率が高いのは「リアルな体験談」。

リアルな体験談を書くには写真や実際に会った話の詳細な描写も重要ですが、「どのようにして出会いに至ったか」も重要です。

 

出会いの段階から書くと、読者はあなたの体験談を読んで、

出会い系で知り合う→リアルである→プレイ→その後…

という流れを追体験できるので、気持ちを盛り上げることができるでしょう。

 

そのためにも出会い系の仕組みや使い勝手は、実際に使用して知ることが重要ということです。

 

まずは登録するべき出会い系サイト3選

 

出会い系サイトはマッチングアプリも含めると、かなりの数が存在します。

しかし、「会員数が多い」「無料」「セキュリティが安全」「サクラが居なくて実際に会える」となれば一握り。

 

その中でも、特に知名度が高く・会員登録数もトップクラス出会い系を3つ紹介するので、まずはこれらに登録しましょう。

 


  • 最初から全承認コードを発行可能
  • 会員数がトップクラス
  • 知名度が高く、紹介しやすい

  • 年齢層が10~20代と若い
  • アクティブユーザが多く実際に会いやすい
  • 報酬アップキャンペーンを定期的に開催する

  • 年齢層は10~40代と広め
  • 定期的にポイントが配られるので無料で出会える
  • 購入ポイントが安いため、たくさんの女性にアプローチできる。

 

登録するだけなら無料ですし、お金は1円も発生しないので安心して登録できます。

 

老舗の出会い系ということもあり、クリーンに運営しているので、詐欺師やサクラもいません。

 

また、セキュリティも万全なので、情報流出の心配ないでしょう。

 

出会い系サイトの登録手順

 

サイトによって微妙に違いますが、登録手順は次の通りです。

 

  1. 出会い系サイトに登録する。
  2. 登録情報を入力する
  3. 電話番号認証をする
  4. メールアドレス認証をする
  5. 年齢確認(身分証明書を送付)

 

基本的に画面に表示される通り進めていけば、迷うことはありません。

タダ、登録する上で不安だと思うのが、「電話番号認証」「年齢確認の身分証明書提示」でしょう。

 

以下、少し解説していきます。

 

電話番号認証については、利用者が実在している人物かどうかを確認するためのものです。

登録の時にしか使いませんので、登録後に電話がかかってくることは一切ないでしょう。

私自身、出会い系を5年以上続けていますが、一度も電話が来たことはありません。

 

年齢確認について、出会い系サイトの運営者は、「利用者が18歳未満の青少年でないことを確認しなければならない」と義務付けられています。

そのため、安全な出会い系サイトであれば、身分証明書の提示は必ず必要です。

 

しかし、出会い系サイトの運営が確認する情報は次の3つ。

 

  • 年齢(生年月日)
  • 身分証明書の名前
  • 身分証明書の発行元

 

つまり、名前・顔写真・住所など個人が特定できる部分は隠して問題ありません。

 

実際、先ほど紹介した「ハッピーメール」では、以下のように内容で問題ないとしています。

 

出典元:ハッピーメール

 

このように、あなたの情報が悪用されることはありませんし、個人が特定されるレベルの情報提示は不要なので、安心して出会い系サイトに登録しましょう。

 

ここまで登録すると、1,000円相当のポイントがもらえるので、実際に少し使ってみるのも良いですよ。

 

出会い系サイトの登録は済んだと思うので、紹介コードのゲット手順はを次のステップで解説します。

 

ステップ2:紹介コードをゲットする

 

ハッピーメール」「イククル(18禁)」「ワクワクメール」に登録したら、ブログに張り付けする紹介コード

(アフィリエイトリンク)をゲットしましょう。

 

紹介コードは出会い系アフィリエイトのブログ運営で何回も使う、メモ帳などにコピペしておき、必要な時すぐに呼び出せる状況にしておいてくださいね。

 

それでは、それぞれ解説していきます。

 

『ハッピーメール』の紹介コード調べ方

 

ハッピーメールは他の2つと違い、最初から全承認でアフィリエイトが可能です。

これを使わない手は無いので、全承認の紹介コードの調べ方を解説します。

 

①ハッピーメールにログインします。

②ホーム画面右上に「アフィリエイト」メニューがあるので、そこをクリックします。

ハッピーメール登録

 

③右上に「通常」と書かれたメニューがあるので、クリックし「全承認」に変更します。

ハッピーメール登録

 

④PC版なら右のサイドバー、スマホ版なら画面下のメニューから、「紹介ツール」をクリックします。

⑤「アフィリエイト専用リンク」に書かれているURLがあなたの紹介コードです。

ハッピーメール登録

 

⑥コピーしたら、メモ帳にコピペしていつでも呼び出せるようにしておくと便利ですよ。

 

『イククル』の紹介コード調べ方

 

イククルはハッピーメールのような全承認プランは最初から使えません。

そのため、通常のアフィリエイト紹介コードの調べ方を解説していきます。

 

①イククルにログインします。

②トップ画面の一番下にある「友達誘って5,200円」メニューをクリックします。

イククル紹介コード

 

③「アフィリエイト専用リンク」に書かれているURLがあなたの紹介コードです。

イククル紹介コード

 

④コピーしたら、メモ帳にコピペしていつでも呼び出せるようにしておくと便利ですよ。

 

『ワクワクメール』の紹介コード調べ方

 

ワクワクメールはハッピーメールのような全承認プランは最初から使えません。

そのため、通常のアフィリエイト紹介コードの調べ方を解説していきます。

 

①ワクワクメールにログインします。

②トップページにある「アフィリエイト」メニューをクリックします。

ワクワクメール紹介コード

 

③アフィリエイトページに切り替わるので、スクロールします。

④紹介ツールメニューの中にある「あなたの専用紹介コード」に書かれているURLがあなたの紹介コードです。

ワクワクメール紹介コード

 

⑤コピーしたら、メモ帳にコピペしていつでも呼び出せるようにしておきましょう。

 

以上で、ハッピーメール、イククル、ワクワクメールの紹介コードを取得できました。

続いて、それらを掲載するためのブログの開設方法について、解説していきます。

 

ステップ3:ブログを開設する

 

出会い系アフィリエイトで稼ぐには紹介コードを掲載するためのブログが必要です。

 

そのためには、レンタルサーバーを契約して独自ドメインを取得してブログを開設します。

 

ただし、無料版では絶対始めないようにしましょう。

その理由は、無料版は他の広告も表示されるからです。

 

無料版はFC2やはてなアメブロが該当しますが、これらはサブドメインという形で運営されます。

すると、元のドメインが掲載している広告も表示されるため、あなたが記事に張り付けた紹介コードが目立ちにくくなってしまいます。

クリックされないと収益に繋がらないので、初期投資は必要ですが、レンタルサーバー+独自ドメインでブログを解説しましょう。

 

なお、「レンタルサーバーはどこでも良い」というわけではありません。

必ず『アダルトOK』のレンタルサーバーを契約しましょう。

 

「正直どこを選べばいいのかわからん」という人は、以下の記事で詳しく解説しているので、そちらをご覧ください。

 

【レンタルサーバーの契約方法はコチラ】

 

>>【最新版】出会い系アフィリエイト用おすすめレンタルサーバー3選

【最新版】出会い系アフィリエイト用おすすめレンタルサーバー3選

 

レンタルサーバーを契約した後の初期設定方法は、以下の記事で解説しているのでご覧ください。

 

【ブログの初期設定はコチラ】

 

>>【初心者向け】WordPressインストール後の初期設定9ステップ図解

【初心者向け】WordPressインストール後の初期設定9ステップ図解

 

ステップ4:記事を書き紹介コードを貼りつける

 

ブログを開設したら実際に記事を書き、そこに紹介コードを貼り付けます。

 

記事の内容は大きく分けて以下の2種類。

 

  • ハウツー記事
  • 体験談記事

 

ハウツー記事について

 

ハウツー記事は「やり方・手順」を解説する記事です。

 

出会い系アフィリエイトであれば、

「出会い系 登録方法」「〇〇 恋愛方法」「〇〇 落とし方」など

読者の悩みを解決できるような構成で記事を書きましょう。

 

記事の中で悩みの解決方法を書いたら、最後に出会い系への登録を促す部分を挿入します。

ただし、記事の内容からかけ離れすぎると、読者に違和感を与え離脱の原因になるので、自然に促すのがコツです。

 

【OK例】

コンプレックス解消系記事の最後に、

「世間にはあなたのコンプレックを良い方向で捉えてくれる女性もいます。出会い系なら、普通に過ごしては出会いえない人と知り会えます~~~~」

と誘導。

 

経験上、このような誘導方法で登録してくれる人は意外と多い印象です。

 

【NG例】

好きな人と仲良くなる方法記事の最後に、

「出会い系で新しい出会いを見つけましょう」

 

というのは、記事の趣旨と離れすぎているためNG。

 

このように、記事の内容によって、読者へのアプローチ方法は異なります。

ライバルサイトを研究したり、自分で試しながら見つけていく必要があるので、稼げるようになるためには経験が必要と言えるでしょう。

 

【参考】私が実際に成約できた内容

 

キーワード:キャバ嬢 仲良くなる方法

 

本文では、キャバ嬢と仲良くなるための方法を解説していきます。

 

最後の部分で、

 

「キャバ嬢と付き合いたいなら、出会い系サイトも検討してみてください。

実は出会い系サイトにはキャバ嬢が多く登録しています。

なぜなら、彼女たちは普通の人と生活リズムが違い、なかなか出会いが無いからです。

お店で出会うのとは違い、「客とキャバ嬢」という関係ではないため、付き合える確率もグッと高くなるでしょう。

お店に行かなくも良いので、お財布にも優しいですしね。」

 

と書き、最後に紹介コードを貼り付けて完了です。

※以下のようなイメージ

 

\キャバ嬢の利用者が多い出会い系はコチラ!/

 

このようにハウツー記事なら、「出会い系を使うことで悩み解決をショートカットができる」と書くことで、読者の心に響きやすくなり、出会い系サイトへの誘導がしやすくなります。

 

ハウツー記事ついて、もっと詳しく知りたい方は以下の記事で詳しく解説しています。

 

>>ハウツー記事をすらすら書く方法! もう悩まない記事執筆

※別タブで開きます。

ハウツー記事をすらすら書く方法! もう悩まない記事執筆

 

体験談記事について

 

出会い系アフィリエイトで稼ぐなら、必ずマスターしてほしいのが体験談記事です。

 

  • 彼氏・彼女ができた体験談
  • 出会い系経由で知り合った話
  • エッチな体験談

 

など、読者の数だけ需要は尽きません。

 

基本的な流れは以下のような起承転結をしっかりまとめられればOK。

 

『出会い系を使う』→『人と知り合う』→『実際に出会う』→『その後の関係』

 

ここまで書いて読者のハートをがっちりつかんだら、

『出会い系を使えばあなたもこんな体験できますよ~』

と書いてリンクを貼り付けて完了です。

 

上で紹介したハウツー記事と比べて、読者の感情・性欲に訴えかけられるので、出会い系への登録率が高いです。

 

なお、体験談は100%本物の必要はありません。

例えば、あなたが「職場・学校で知り合った」、「友達の紹介」、「合コンで出会った」だとしても、出会いの部分を「出会い系で知り合った」に脚色すればOK。

脚色したとしても、上で紹介した出会い系は実際に出会えるサイトなので、問題ありません。

※まったく出会えないのに「会える」と書くのは問題ですがね。

 

読者にとっては本物かどうかよりも、体験談にリアリティがあり追体験できるかが重要なポイントですからね。

 

このように、ハウツー記事と体験談記事を量産して、記事の最後にあなたの紹介コードを貼り付けし、読者を出会い系サイトへ誘導していきます。

 

ステップ5:実際に使って体験談収集

 

出会い系アフィリエイトの始め方はステップ4で終わっています。

しかし、「記事のネタを発掘するため」「濃い記事を書くため」にもステップ5の内容は覚えておいてください。

 

実際に書いてみるとわかりますが、意外とネタが尽きます。

 

過去の体験談といっても、よほどの遊び人でない限りは大量に書けませんからね。

 

なので、記事ネタを仕入れるためにも登録した出会い系を使ってみることをオススメします。

 

ちなみに、本気で出会いを求めているならガッツリ使い倒すのも問題ありません。

実際、私の友達は出会い系アフィリエイト目的で登録し、体験談収集がてら実際に使ったところ、良い人と巡り会って結婚しています。

 

そのため、「出会い系サイトだから…」という偏見は捨て、実際に使ってみると思わぬ出会いがあるかもしれませんよ。

 

出会い系アフィリエイトの記事の書き方【5ステップ】

 

出会い系アフィリエイト

 

「ブログは継続すると誰でも稼げる」と言われていますが、これは正しい努力をした場合の話です。

間違った記事の書き方をしていると、いつまでたっても検索上位には表示される、稼ぐこともできません。

 

そのため、記事を書く時は次の4つのステップに分けて作業をしていきましょう。

 

ステップ1:キーワード選定
ステップ2:ライバルサイトをチェック
ステップ3:見出しを書く

ステップ4:タイトル・記事の肉付け・装飾をして完成
ステップ5:アクセス分析とリライト

 

これらを順番に行うと、自分の作業状況も把握しやすく、ゴールが明確になるのですらすら記事を書けるようになります。

 

また、出会い系アフィリエイトに限らず、ブログ初心者が覚えるべきノウハウでもありますので、マスターしておきましょう。

 

それでは、それぞれ順番に解説していきましょう。

 

ステップ1:キーワード選定

 

ステップ1では、記事のキーワードをリサーチして、どのキーワードで書くか決めます。

 

これを怠ると、自分よりも強いサイト相手に戦うことになったり、全然検索されないキーワードで記事を書くことになるため、結果としてアクセス数が非常に集まりにくくなるでしょう。

 

キーワードを選ぶ時のポイントは以下の2つです。

 

①メインキーワード+1、2語したものを狙っていく
②検索ボリュームは「10~1,000」がねらい目

 

①について

 

Webマーケティングでは、キーワードは「ビッグキーワード」「ミドルキーワード」「ロングテール(スモール)キーワード」の3つに分類されます。

今回は出会い系アフィリエイト関連の例としてご紹介します。

 

ビッグキーワード

 

検索回数が多く、1語で広い意味を持つキーワード。

検索ボリュームは、10,000よりい上が目安です。

上位表示の難易度は、非常に高いといえるでしょう。

 

(例)ハッピーメール

 

ミドルキーワード

 

メインキーワード+1語程度で構成されるキーワード。

ビッグキーワードとロングテールキーワードの中間的なポジションです。

検索ボリュームは、1,000~10,000程度。

 

ロングテールキーワードで上位表示ができるようになったら、狙っていきたいキーワードです。

 

(例)「ハッピーメール 登録方法」、「ハッピーメール 使い方」など

 

ロングテールキーワード

 

検索回数が少なく、複数の語句を組み合わせたキーワード。

ビッグ・ミドルキーワードに比べて、ターゲットに対して的確にアプローチできるため訴求率が高いです。

検索ボリュームは、10~1,000と少ないです。

上位表示の難易度は、易しいといえるでしょう。

 

(例)「ハッピーメール 大学生 出会い方」「ハッピーメール 社会人 コツ」

 

まずブログを始めたてのうちは、競合サイト勝ちにくいので「ロングテールキーワード」から対策するのが効率的です。

 

そのため、メインキーワードを1つ決めて、それに1語、2語を足した複合キーワードで記事を書いていくようにしましょう。

 

②について

 

検索ボリューム1,000より多い場合、上位表示サイトはあなたのブログよりも 強いサイトの可能性が非常に高いため、上位表示は難しいでしょう。

 

これはSEO評価にも関わるので何とも言えませんが、ドメインパワーが弱いと上位には表示されにくいのです。

ドメインパワーはサイトの権威性なので、「運用歴の長さ」「記事の多さ」「他サイトからのリンク(被リンク)」が関係しています。

 

このように、ブログ始めたてはドメインパワーが弱く、検索ボリューム1,000より多いサイトにドメインパワーで負けているので、良質な記事を書けても上位表示しにくいということです。

 

そのため、まずは10~1,000の検索ボリューム記事で上位表示を狙い、実際に上位表示ができて記事数も増えてきたら、検索ボリューム1,000より大きい記事を狙うようにしましょう。

 

それでは、それぞれの具体的なやり方を説明していきます。

 

(1)キーワード候補をピックアップ

メインキーワード+1、2語したものを狙う

 

最初にメインキーワードを決めます。

 

出会い系アフィリエイトの記事として書けそうなものであればなんでも大丈夫です。

まずは、思いつくものをどんどん書きだしてみましょう。

 

ある程度まとめたら『ラッコキーワード(無料)』にを開き、キーワードを検索してみます。

例として、「出会い系」と検索すると、以下のように「出会い系」+「〇〇」で実際に検索されているキーワードが表示されたら、この画面のまま次の手順に進みます。。

 

ラッコキーワード

 

(2)ピックアップしたキーワードの検索ボリュームを調べる

 

検索ボリュームは「10~1,000」がねらい目

 

(1)でピックアップしたキーワード候補の検索ボリュームを調べます。

この時、Googleが提供しているキーワードリサーチツール「キーワードプランナー」を使います。

 

登録は必要ですが、無料で使えて、大まかな検索ボリュームを調べられますからね。

未登録の人は下記の記事を参考に登録を済ませておいてください。

 

>>【最新版】キーワードプランナー登録方法と使い方!3ステップの活用方法

 

【最新版】キーワードプランナー登録方法と使い方!3ステップの活用方法

 

ラッコキーワードの検索結果の右上にある「全キーワードコピー(重複除去)」をクリックすると、検索結果がコピーされます。

 

ラッコキーワード

 

キーワードプランナーを開き「検索ボリュームと予測のデータを確認する」をクリックします。

キーワードプランナー

 

ラッコキーワードでコピーしたキーワードを貼りつけ、「開始する」をクリックします。

キーワードプランナー 検索画面

 

検索結果が表示されるので、「月間平均検索ボリューム」をチェックしていきます。

 

キーワードプランナー検索結果

 

〇検索結果が10~1,000→ライバルチェックと質の高い記事を心がけることで、太刀打ち可能。

→このテーマで記事を書きます。

 

〇検索結果が1,000より多い

→現時点では上位表示が難しい。

→1,2語増やして、検索ボリューム10~1,000を狙いましょう。

今回の検索結果は、画面右上のダウンロードボタン→「過去の指標」からExcel・Googleスプレッドシートをダウンロード可能です。

 

記事ネタをストックするためにも、ダウンロードして「キーワード」「検索ボリューム」をまとめておくことをオススメします。

 

ステップ2:ライバルサイトをチェック

 

ステップ1でキーワードを選定したら、記事を書き始める前にライバルサイトをチェックしましょう。

 

この理由はシンプルで、合理的だからです。

検索上位に表示されている記事は、現在進行形でGoogleからの高く評価されているといえます

 

つまり、そのサイトを見ることで、あなたが上位表示するために必要なヒントが詰まっています。

具体的な部分としては、「文字数」「サイトの規模」「必要なコンテンツ」「想定読者への訴求方法」「記事構成」などですね。

 

むしろ、上位表示をしたいなら上位表示の記事に書かれていることは、最低限網羅する必要があるでしょう。

 

そういった意味でも、ライバルサイトのチェックは怠らないように心がけてください。

なお、丸パクりをすると重複コンテンツとなり、Googleからペナルティを食らうのでご注意を。

 

やり方は簡単で、書きたいキーワードで検索してみればいいだけです。

 

  • 上位に表示される記事を3~5つほど開く。
  • 見出し・記事の順番をサイト毎にまとめる。
  • 各見出しに書いている内容をまとめる。

まとめる時は、メモ帳などにまとめておくと後で見やすいのでオススメ。

 

専用ツールを使う方法もありますが、ブログ開設したてはそれよりも記事を量産することを力を注いだ方がいいです。

そのため、基本的には上記のように、記事の見出しを抜き出すような形でOKでしょう。

 

ステップ3:見出しを書く

 

ステップ2で調べたライバルサイトの内容を参考にしながら、記事の見出しを書いていきましょう。

 

この時、読者が見やすくするためにも、話のまとまり毎に見出しをつけるのがポイント。

 

見出し1(h1タグ)は記事タイトルで使われているため、本文では見出し2(h2)〜見出し4(h4タグ)を使って階層を作っていきます。

 

見出しの構成は以下の通り。

タイトル(h1タグ)
リード文見出し2(h2タグ):見出し①
見出し3(h3タグ):見出し①の内容を深堀り

見出し4(h4タグ):見出し3の内容を深堀り
見出し2(h2タグ):見出し②

見出し3(h3タグ):見出し②の内容を深堀
見出し2(h2タグ):まとめ

 

基本的に見出し2を使って、見出しを書いていきます。

 

見出し2の中で話が分岐したり、深堀りする場合は見出し3を使います。

見出し3の中でさらに話が分岐する場合、深堀りする場合は見出し4を使います。

 

本記事で例えると、以下のような構成です。

 

見出し2:出会い系アフィリエイトの始め方5ステップー

見出し3:ステップ1:出会い系に登録する

ー-見出し4:まずは登録するべき出会い系サイト3選

ー見出し3:ステップ2

~~~

 

このように、

  • 見出し2では、「出会い系アフィリエイト始め方を5ステップ」で始めると書く
  • 見出し3では、ステップ1~5でそれぞれのやり方を書く
  • 見出し4では各ステップの中で話が分岐する場合、深堀りする内容を書く

 

ということがお分かりいただけるでしょう。

 

なお、いきなり見出し3・4から始めると、Googleから「正しいタグを使っていない」とSEO的にマイナス評価を食らい、上位表示しにくくなってしまいます。

 

そのため、見出し2→3→4と順番に書くように意識してください。

 

ステップ4:タイトル・記事の肉付け・装飾をして完成

 

ステップ3で見出しを作成したので、記事を書き、タイトルを付けたら、文章を装飾して完成です。

それぞれのポイントは以下の通りです。

記事の書き方について

ステップ3で見出しを書いたら、各見出しに記事を書いて肉付けしていきます。

この時、『PREP法』を使うと、読者が読みやすく、説得力のある内容になります。

 

Point :結論
Reason :理由
Example:具体例
Point :結論
の頭文字をとった、文章の書き方です。

 

どんな内容にも使えるわけではないですが、汎用性が高いので覚えておきたい文章構成方法です。

 

具体例として「ブログアフィリエイトで稼ぐには3~6か月必要」ということについて書いてみます。

 

【結論】ブログアフィリエイトで稼ぐには3~6か月ほど時間がかかります。

【理由】

なぜなら、書いた記事をGoogleがちゃんと評価してくれるまで、それくらいかかるからです。

【具体例1】

書いたばかりの記事の掲載ランキングを見ると、最初は90位くらいでした。

しかし、特に記事に手を加えていないにも関わらず日に日に順位が上がっていき、6か月が経過することには2位になっていたのです。

【具体例2】

また、3~6か月くらい継続していると、あなたの文章作成スキルも上がり、良質な記事を書けるようになります。

すると、Googleの評価も上がり、上位表示がしやすくなるため、その記事を経由して報酬が発生しやすくなります。

【結論】

このように、「記事の評価に時間がかかる」「スキルアップで良質な記事が書けるようになる」といった点から、ブログアフィリエイトで稼ぐためには3~6か月ほど必要といえるでしょう。

 

このように、各見出しごとにPREP法を意識しながら記事を書いていくと、Googleだけではなく読者の評価も高い記事を書くことができます。

タイトルを付け方について

 

 記事のタイトルは、読者が一番最初に見る部分なので超重要

 

タイトルが悪いと、内容がいい記事だとしてもクリック率が下がります。

 

クリック率が下がるということは、あなたの記事を見る人が減るため、見込み客を逃していることになりますよね。

 

そのため、タイトルには手を抜かず、しっかりと考えてつけるように心がけてください。

 

なお、タイトルのつけ方は解説すると長くなるので、以下の記事にまとめています。

>>ブログ記事タイトルキーワード130選【すぐ実践可能】

ブログ記事タイトルキーワード130選【すぐ実践可能】

出会い系アフィリエイト用の記事だけではなく、通常の記事を書く時にも使えるので一読してみてくださいね。

文章の装飾について

 

装飾されていない文章は単調なイメージを与え、読者に読みにくいと感じさせてしまいます。

すると、記事に対する興味も失ってしまうため、サイトへの登録というゴールから遠ざかってしまうでしょう。

 

そうならないためには、文章を装飾して読みやすくする工夫が大切です。

 

装飾の種類としては以下の通り。

 

  • 太文字
  • マーカー・背景色
  • 下線
  • 文字色変更
  • 枠で囲む
  • 文字の大きさを変える

 

これらを取り入れることで文章が読みやすくなるので、読者の満足度が高まります。

 

しかし、やみくもに装飾すればいいというわけではなく、以下のポイントは意識しましょう。

 

装飾しすぎない

 

 装飾はあまり多く使わず、統一感をもたせるように意識してください。

あまりごちゃごちゃしていると内容が伝わりにくく、見づらいからです。

そのため、文章の装飾は最低限にし、統一感を持たせるようにしましょう。

 

私の場合「大事なこと:太字」「大事かつ強調:太字とマーカー」「PREP法の結論:太字+背景」といった具合です。

サイトのカラーデザインによる部分も大きいので、あなた好みの装飾を見つけていきましょう。

 

長文装飾に注意

 

1文丸っと装飾するのは避けるようにしましょう。

 

これはスマホ版での表示を考えるとあまり良くないからです。

 

スマホ版は、30~50文字程度で改行されます。

つまり、1文丸っと装飾していると、どこが大事なのかが全く分からなくなってしまいます。

 

その結果、装飾の意味がなくなってしまうため、本当に必要な部分だけ開業するように意識してください。

 

装飾部分だけで意味が分かるようにする

 

装飾部分の流し読みで大まかに意味が伝わるように意識しましょう。

あなたが頑張って記事を書いても、読者は流し読みをする傾向にあります。

 

このような傾向を踏まえると、流し読みでも意味が伝わる部分を装飾するというのが効果的です。

 

そのため、記事を装飾したらあなた自身が流し読みをして、装飾部分をざっと見るだけで言いたいことが伝わるかを試してみてください。

 

これは慣れによる部分が大きいので、実際に記事を書きながら感覚をつかむしかないでしょう。

 

ステップ5:アクセス分析とリライト

 

記事の検索順位・アクセス数を分析し、内容を追記・修正することが非常に重要です。

 

ブログは記事を投稿したら終わりではありません。

Googleの評価を受けて、検索結果に表示されるようになってからが本番です。

 

アクセス分析を行い「アクセスがあるのに収益が発生しない記事」「検索順位が低い記事」を見つけ、リライトすることで訴求率がアップし、あなたの収益に繋がっていきます。

 

そのためにも、Googleが無料で提供している「Googleサーチコンソール」の活用は必須

詳しいやり方を解説する前に、未登録の人は以下の記事を参考にサクッと登録してきてください。

 

>>【図解】Googleサーチコンソール設定手順を4ステップで解説

 

【初心者向け】アクセス分析で見るべき部分

 

アクセス分析は、見るべき項目がたくさんあり初心者には難しい部分です。

なので、まずは以下の2つのポイントをチェックして、記事を分析しリライトしていきましょう。

 

  • 検索順位(6~20位を優先)
  • 予想外のキーワードからのアクセス

 

検索順位やアクセスしているキーワードを見るには、

Googleサーチコンソールにログイン →検索パフォーマンス「レポート全体」

から確認可能です。

 

検索順位(6~20位を優先)

 

検索順位が6~30位の記事というのは、「記事として評価はしているけど、上位表示するには少し足りない」といった評価の記事です。

リライトするにしても上位表示サイトを見て参考にしたり、オリジナル情報を少し追加するだけ等、作業が少なく手済みます。

 

一方、30位より下の記事は、Googleからあまり評価されていません。

そういった記事のリライトは修正箇所も多く、場合によっては構成からやり直しになるため、非常に作業量が多いです。

 

そのため、6位~30位くらいの記事のリライトは、少ない作業でアクセスアップを見込めるため優先的に行いましょう。

 

※以下の部分で順位を確認し、6~30位の記事をリライトしていきましょう。。

リライト対象 6~30位

 

 

予想外のキーワードからのアクセス

 

記事を分析すると、想定外のキーワードからアクセスがあります。

これは、読者の離脱に繋がってしまうため対策が必要。

 

なぜなら、あなたが想定していないキーワードだったので、内容が薄い可能性が高いです。

すると読者としては「欲しい情報があると思ったけど違った」と離脱してしまいます。

 

見込み客を逃していることになり、非常にもったいないです。

こういった場合のリライト方法は以下の通り。

 

  1. 想定外のキーワードをメモする
  2. そのキーワードに関する内容を追記する。
  3. 必要に応じてそのキーワード記事を書き、元々の記事と内部リンクでつなぐ

あなたが想定していなかったキーワードでも検索順位が上がりますし、元々のキーワードでも網羅性が高まり検索順位が上がると想定されます。

このような作業を繰り返すことで、あなたのサイトパワーが徐々に高まるので、いずれミドルキーワード、ビッグキーワードでも上位表示が可能になります。

頻度は15~20記事ごとに行う

 

アクセス分析・リライトの頻度は人によりますが、私としては「15~20記事ほど書いたら過去記事を分析してリライト」というのがオススメです。

理由として、「ライティングスキルがアップするから」です。

少し深掘りしていきます。

 

ライティングスキルがアップするから

 

記事を15~20記事ほど書くと、ライティングスキルがアップしています。

これだけ積み上げると、文章構成力、セールスライティングスキルなどは確実に向上するはずですからね。

このようにライティングスキルがアップした状態で過去の記事を見ると、改善点がわかります。

 

一方、記事を書き上げてすぐにリライトするとどうでしょうか?

記事の誤字脱字は見つけることができても、「文章構成力」「セールスライティング」はさほど変わりませんよね。

つまり、リライトしても記事の質はほとんど変化しないということです。

 

このように、効果的にリライトするには記事を書いた当時よりも、スキルアップしていることが必須

そのため、記事を投稿した後すぐにリライトせず、15~20記事積み上げてから行うようにしましょう。

 

出会い系アフィリエイト記事のコツ・テクニック

積み上げ

 

出会い系アフィリエイトは他のアフィリエイト比べてコンバージョン率が高く稼ぎやすいです。

 

しかし、より多くの読者に出会い系に登録してもらうためには、テクニック・コツがあるので今から紹介していきます。

 

なお、本記事は「出会い系アフィリエイト」用に書いていますが、他のアフィリエイトでも活用できるコツ・テクニックです。

今後のブロガー人生で絶対に役立つので、実践しながら身に着けていってくださいね。

 

  1. オリジナリティを出す
  2. 記事の文字数はライバルサイトが目安
  3. ベネフィット(理想の未来)を伝える
  4. すぐに登録するように促す
  5. 最後にしっかり売り込む

 

①オリジナリティを出す

 

  • 上位記事を分析して別の切り口を探す
  • 経験・知識から記事を書く
  • 主張・感想から記事を書く

オリジナリティをしっかり出すべき理由は次の2つ。

 

  • Googleはオリジナルコンテンツを評価するから
  • ライバルと差別化するため

 

Google検索エンジンは、オリジナルコンテンツを評価して上位表示すると発表しています。

 

オリジナルで有用なコンテンツを持つ高品質なサイトが、より上位に表示されるようになります。

引用元:日本語検索の品質向上にむけて

 

ユーザーファーストで考えると、同じようなコンテンツが何個もあると、邪魔ですからね。

 

記事を作成する時は、オリジナルコンテンツを取り入れながら、読者が求める情報を提供するように心がけましょう。

 

ライバルとの差別化について。

 

もしオリジナリティが無かったとしても、他のサイトよりも細かくまとめる、丁寧に書くということで差別化は可能です。

 

しかしそういった方法で差別化したとしても、時間をかければ誰でもマネできてしまいます。

 

つまり、ライバルとイタチごっこになるため、上位表示が安定しないということになるでしょう。

 

一方、オリジナリティを出した記事は、あなたにしか書けません。

体験談も主張も、あなたの内側から出てきたものですからね。

 

そのため、同じような内容の記事でもライバルと差別化することができ、収益につながりやすいです。

 

②記事の文字数はライバルサイトが目安

 

記事の書き方を解説したブログを見ると、「3,000文字以上」「5,000文字以上」…と見ますが、これは半分正解。

 

あなたが上位表示したいキーワードで、現在トップに表示されている記事の文字数が目安のボリュームです

 

例えば、「ハッピーメール 大学生 出会い方」というロングテールキーワードで上位表示を狙うとします。

ライバルサイトをチェックすると、文字数は3,000~5,000文字程度でした。

その場合、あなたが記事を書く時は5,000文字以上のボリュームは必要といえます。

 

一方、「ハッピーメール 攻略」というミドル・ビッグキーワードで上位表示を狙うとします。

ライバルサイトをチェックすると、20,000文字以上でした。

その場合は、20,000文字以上のボリュームは会った方が、上位表示はしやすいといえるでしょう。

 

このように、ライバルサイトのチェックをした時、上位表示記事の文字数を調べると、大まかな記事ボリュームが想像できます。

 

くれぐれもライバルサイトを調べる前から「〇〇文字で完成させる」とは考えないようにしてくださいね。

 

文字数カウントは、以下のページが使いやすいのでオススメです。

>>【文字数カウント】

 

③ベネフィット(理想の未来)を伝える

 

ベネフィット:「商品・サービスから得られる恩恵(幸せな未来)」のこと。

 

サイトに登録してもらうためには、あなたの記事を読んだ読者が「自分もこんな体験をしたい!」と思ってもらう必要があります。

 

そのためには、記事の中でベネフィットを伝えていくことが大切です。

 

わかりやすく説明すると、「このサービスに登録すると、あなたにこんな良いことが起きる」というものですね。

 

読者としても「登録すると、自分にとってこんな良いことがあるんだ!」と思えれば、サイト登録に対する警戒心も緩むので訴求につながりやすくなるでしょう。

一歩踏み込んだテクニック

 

ベネフィットを伝えて、サイトへの登録を促すための一歩踏み込んだテクニックをご紹介します。

 

それは、「現状維持の場合の未来も想像させる」ということです。

 

まず、ベネフィットを書いて読者に幸せな未来を想像させます。

それと同時に、登録しなかった場合の未来も想像させます。

 

例えるなら、以下のような感じです。
※男性向け体験談の最後に書く場合。

社会人になってから出会いはなく、何年も恋人がいない状態が続いていたので、動画を観て一人でしこる生活を続けていました。しかし、サイトに登録してからは人生が変わりました。

いろんなタイプの子がいますし、新規会員がどんどん増えるので、好みの子に出会える確率がとても高いです。

実際この記事で書いたような体験をすることができました。

もしサイトに登録していないと、今までのように出会いが無く恋人ができない生活だったと思うので、今考えるとゾッとしています。

恋愛は若いほど有利ですし、人生は一度きりです。

それなら、勇気をもって一歩踏み出し、あなたも一緒に人生を豊かにしませんか?

>>登録リンク

 

  • サイトに登録した未来「あなた好みの子に出会えって、エロい体験ができる」
  • サイトに登録しなかった未来「今まで通り、出会いは無く、恋人ができな生活が続く」

 

同じような境遇の人なら、行動する可能性は非常に高いでしょうね。

 

④すぐに登録するように促す

 

記事を読み終えた読者が離脱するスキを与えないようにしてください。

あなたの記事を読み終えた読者は、「①ブラウザバックで離脱」「②他の記事を読む」「③登録リンクをクリック」のどれかの行動をします。

 

②③なら収益につながる可能性が高いですが、①の行動をとった読者は二度と帰ってきません。

また、仮に登録リンクを見て気になったとしても「後でいいや」と考える場合も、戻ってくる可能性は非常に低いです

仮にその人がサイトに登録したとしても、あなたのサイト経由ではないので収益になつながりません。

 

そのために効果的な方法が「今すぐ登録するべき理由を書くこと」です。

 

見込み客を逃す原因は、読者が「後でいいや」と思うから。

 

つまり、その理由をつぶしてあげると訴求率を上げることができます。

 

 

よく見かける手法だと、「本日限定で30%オフセール」「このCMの後から1時間以内は割引価格」などですね。

では、出会い系のように「早く登録しても安くならない場合」はどうすればいいのか?

 

それは、「機会損失」をアピールすることです

 

  • 恋愛市場は若いほど有利なので、1日でも早く登録しライバルに差をつけましょう。
  • かわいい子はいい相手を見つけたらすぐに退会します。あなたが登録しないうちに、他の男に取られるかもしれません。

このようなイメージですね。

 

「早く登録しないと、タイプの子が他の男に取られますよ~」といったニュアンスでのアピールしていきましょう。

 

⑤最後にしっかり売り込む

 

記事の最後に突然リンクを貼り「登録はコチラ」はNG。

 

ブログ初心者は「商品が売れない・報酬が発生しない」という悩みを抱えがち。

 

原因は様々ありますが、大きな理由の1つは「商品の売り込みをしていない」という場合が多いです。

 

実際に「売れない」と悩んでいる人のサイトを見ると、

  • 記事の最後にポツンと登録リンクを貼っているだけ
  • 話の流れをぶった切って登録リンクを貼っている
  • 押しが弱い・自信が無い

という人がとても多い印象です。

 

これだと、だれもリンクをクリックしないので、報酬が発生しません。

お店に例えると、開店したのにSNSやHPで広報などせず、お店の看板と旗だけ出している状態。

 

記事を最後まで読んでいる人はある程度その気になっているので、しっかり売り込むことで申し込んでくれます。

 

今回は出会い系サイトへの登録なので、「登録は無料」といった方向でアピールしていくことが効果的です。

また、「出会い系は怪しい」と思っている人も多いので、「個人情報は守られている」「サクラが居ないのでちゃんと会える」といった、安心・安全に使えるアピールもしていきましょう。

 

読者がその気になっていれば「無料だし、安心・安全に使えるなら大丈夫だな!」とサイトに登録をします。

 

このように、最後まで読んだ読者の背中を押してあげることを忘れず、しっかり売り込むことが大切です。

 

出会い系アフィリエイトの記事数

記事

 

100記事を目標に積み上げていきましょう。

 

これには次のような理由があります。

 

  1. 書き慣れることで記事の質が向上するため
  2. 記事を上位表示させるコツを身に着けるため
  3. サイトの評価を上げるため

本記事も含め、良質な記事を書いて上位表示する方法は世の中にはたくさん出回っています。

しかし、結局のところこれらの情報を活かすためには、あなた自身がブログ記事を書くことに慣れ、ライティングスキルを磨くほかありません。

 

記事を積み上げ続けていくと、実践の中でライティングスキルが身についていくので、自然と記事の質が向上していきます。

 

また、記事をたくさん書いていくと「この構成で書くと読者の反応が良いな」というのがわかってきます。

これを応用していくと、効率よく記事を上位表示させていくことあ可能になるでしょう。

 

このようにして、質の良い記事を量産していくとサイト全体の評価が上がっていきます。

 

すると、今まではライバルが強くて勝ち目がなかった、ミドルキーワードやビッグキーワードが相手でも勝てるようになってきます。

このようなキーワード相手に上位表示をもぎ取るためには、ある程度の記事数は必須なので、そういった意味でも「100記事書く」というのは目標を掲げていくのが効果的ですね。

 

更新ペースについて

 

100記事書く場合、毎日書いても3か月、3、4日に1回投稿で1年ほどです。

 

しかし、ブログを始めたてで質のいい記事を毎日投稿というのはほぼ無理

今までブログを運営していたり、専門的にやってきた内容の記事を書くなら可能ですが、ライティングスキルが身についてないうちは難しいでしょう。

 

そのため、3,4日に1本記事を投稿するようにし、1年ほどかけて100記事投稿というのが現実的なスケジュールです。

 

3、4日1本書くスケジュールの内訳としては、

1日目:キーワード選定と見出しの作成

2~4日目:タイトル・記事を書き、装飾して投稿

というのが堅実でしょう。

 

注意点は、1日目の作業が早く終わったからと言ってさぼらないということ

 

ライティングスキルは、さぼるとすぐに落ちていきます。

また、一度さぼり始めるとやる気も湧きにくくなるんですよね。

 

気乗りしない日でも、「見出し1つ分は書く」ということを心がけて継続していきましょう。

 

ここまで解説してきたことを意識しながら、良質な記事をどんどん積み上げていくことが、収益を増やすための大事な一歩です。

 

男女別アプローチ方法

 

出会い系アフィリエイト

 

出会い系アフィリエイトは男性向けのイメージが強いですが、女性の登録者も非常に多いです。

そのため、どちらの性別にアプローチすることが、収益を伸ばすためには効果的。

 

しかし、男女ではアプローチの仕方が異なるので、そこはしっかり区別して覚えておきたいところ。

ターゲットがぶれていると、男女どちらにも刺さらないので、登録されず、収益は発生しませんからね。

 

ということで、男性向け・女性向けそれぞれのアプローチ方法をご紹介します。

 

男性へのアプローチ方法

 

「出会い系なら女と出会ってエロい体験ができる」とアピール

 

記事全体を通して、上記のようなアプローチでOKです。

 

ハウツー記事で「出会い方」「仲良くなる方法」「効率良いアプローチ方法」を書き、女性と実際に出会った後のことをイメージさせる。

体験談記事で「エロい話」「ピュアな恋愛話」などリアリティのある記事を書き上げて、「あなたもこのような体験ができる」とイメージさせる

といった感じですね。

 

ムラムラしている男性は判断能力が低下するので、そこに付け入る形で出会い系への登録を促していきましょう。

 

なお、性的表現だけではなく、以下のようなキーワードも胸に響きやすいので可能なら記事に含めることをオススメします。

 

  • 数字データ
  • 根拠を示す
  • 優越感を感じさせる表現
  • 権威性をアピール

 

男性向けに書くなら、「記事を読むことで男性の性欲を高めて、ムラムラした状態にさせて出会い系サイトへの登録を促す」というアプローチが効果的なので、意識しながら記事を積み上げていきましょう。

 

女性へのアプローチ方法

 

①「お金持ちの男と出会っていい思いができる」とアピール
②【田舎限定】出会い系ならマッチングアプリよりも会員数が多いとアピール

 

女性の場合はアプローチの方向が少し特殊で、上記のようなアプローチが効果的です。

 

①について

 

「パパ活」「愛人」「割り切り」を募集したい女性に対してアプローチしていきます。

 

そもそも、女性が本気で出会いを探すのなら、出会い系ではなくマッチングアプリを利用します。

そのため「出会い系なら、イケメンと出会える」「彼氏ができる」と、出会いをアプローチしても登録者数は増えていかないのが現実です。

※体験談

 

では、出会い系に登録している女性はどんな目的が多いのかというと、「パパ活」「愛人」「割り切り」でお金を稼ぎたいという女性ですね。

マッチングアプリのように顔・名前を出す必要はなく、匿名性が高いのでこういった目的の女性が好んで使っています。

ちなみに、出会い系の登録者なら18歳以上なので違法にはなりません。

 

私の友達にも「パパにお小遣い貰った!」「月に〇〇万円で愛人契約している」という子がいますが、全員出会い系で知り合っているとのことでした。

 

女性向けにアプローチするなら、下記のようなターゲットに対して「出会い系ならお金持ちの男と出会える」といったアプローチをしていくと、効率よく登録者が増えて稼ぎやすいでしょう。

 

  • お金に困っている女性
  • 借金を抱えている女性
  • 欲しいものがあるけど高くて買えない女性
  • お金は欲しいけど風俗は嫌な女性
  • 楽にお金を稼ぎたい女性

 

②について

 

田舎向けに記事を書いている人限定のアプローチ方法です。

 

基本的に女性が本気の出会いを探しているなら、マッチングアプリを使用します。

しかし、田舎の場合は出会いの機会が少なく、マッチングアプリに人がほとんどいないことも珍しくありません。、

 

そういった場合として、田舎住みの女性には真剣な出会い目的として、出会い系を勧めてみましょう。

 

私自身、北東北の田舎住みで実際にマッチングアプリと出会い系に登録してみましたが、

マッチングアプリは30人くらいに対して、出会い系では100人以上でした。

 

近年はコロナの影響もあり、田舎では出会いの場が極端に少なくなっています。

そのため、「マッチングアプリだと会員数が少ないから、会員数が多い出会い系がオススメ」という訴求して、会員登録を促していきましょう。

 

さいごに

 

出会い系アフィリエイトの始め方と稼ぎ方を解説してきました。

 

出会い系アフィリエイトは、数あるアフィリエイトの中でも、初心者が稼ぎやすいジャンルと言われています。

 

しかし、だからと言って楽に稼げるわけではありません。

 

たくさん記事を書く必要がありますし、検索上位を取るためにはアクセス分析・リライトも欠かせません。

ブログを開設したばかりのころは、アクセス数が増えないため、収益が発生せず、挫折しそうになることでしょう。

 

ですが、ブログはストック型ビジネス。

記事を積み上げていくと徐々にアクセスは増えて、あなたのサイトから収益が発生するようになります。

 

そうなると、1日ちょこっと作業をするだけで、毎月何万円、何十万円も稼いでくれる不労所得の仕組みが出来上がります。

 

なので、本記事を何度も読み込んで、記事を積み上げてください。

必ずあなたのお役に立てることでしょう。